EN

実施例

Smart2

デジタル著作権(EMC DPO)

「デジタル権利」は、著作権侵害問題、自動車および設備の窃盗、偽造、不動産業界における汚職行為、資産詐欺、著作権および知的財産権論争などに対する完全なる対策です。
ブロックチェーンは公共レジストリであり、そのレジストリに所有物についての記録があると、所有権を証明できるのはその記録の持ち主のみです。あなたの「権利」は数学により守られています。
このアイデアの例話として、「特別な時計の物語」を作りました。

Smart1

ネットセキュリティ(EMC SSL, EMC SSH)

パスワードは解読や不正傍受などにより盗まれられるものなので、ネットセキュリティの道具としては不十分であると誰でも認めるでしょう。身分証明書を使用したログイン認証は前から知られている正しいソリューションです。身分証明書管理をブロックチェーンにお預けしてみませんか。身分証明書管理をブロックチェーンで行うと、インターネットのどんな悪党でもあなたとお気に入りのホームページの間に立ったり、セッションを傍受したりできなくなります。サーバー側でのセキュリティ提供もはるかに容易になります。この新システムはパスワードベースの前代システムより簡単かつ安全です!
How to use emcSSH (GUIDE)
How to use emcSSL (GUIDE)

Smart1

モノのインターネット(EMC SSL, EMC SSH)

モノのインターネット:現代の家電機器の多くは、中身がスマートになりつつあります。帰ってからすぐお茶を飲めるように、あなたがエレベーターに乗っている間にポットがお湯を沸かしたり、冷蔵庫が食品の発注をしたり、ドアロックがあなたを確認して玄関の電気を付けたり出来ます。こういった家電機器は21世に住む人の周りにあるモノの数々です。これらすべて管理できるには、個別に設定しなければなりませんが、ブ
ロックチェーンは全スマート家電機器に一か所からのアクセスを可能にします。
How to use emcSSH (GUIDE)
How to use emcSSL (GUIDE)

Smart4

デジタル車両登録書(EMC DPO)

どんな自動車や、コンバインハーベスター、トラクターでもブロックチェーンで調べて、前に誰が使用していたか、いつ点検・修理されたかすぐにわかることが出来ることを想像してみてください。そして、車両がモノとしてだけではなく、ブロックチェーン上でも新しい持ち主に渡されるようになると、本当の所有者はだれか、いつでもどこでも確認できるようになったらどうなりますか。

生産工場での車両購入時に、車両と共にブロックチェーン記録も工場から新所有者に渡されます。そして、その記録の存在は所有権の反論できない証拠になり、所有者以外の誰にも消したり、変更したりできません。出来るのは、車両と共に新しい所有者に渡すことのみです。

車両やその他機器のVIN番号だけではなく、生産工場の情報、第一購入日付、全定期検査の日付、事故の有無など、今までの履歴がブロックチェーンに全部保存されているという拡張機能の存在もあり得ます。

全データが確認できるようになるため、ブロックチェーン記録のある中古車のほうが高く評価されるようになるでしょう。車を盗んでも、車両登録証も偽造できても、ブロックチェーンの所有者記録の偽造が困難なため、自動車窃盗も今より意味が少なくなります。

Smart5

分散型広告(EMC LNX)

分散型広告は、広告主や広告プラットフォームが仲介者を使わずに直接的に広告で利益を得られる可能性を与えてくれます。広告主は、広告プラットフォームを通してホームページに誘致された良質顧客のフ
ローを収益化できます。分散型は古典的なペイパークリック型に比べると広告主にとっての値段がはるかに安くなるため、広告プラットフォームも注文がとりやすくなります。さらに、システムには悪質トラフィックを遮断する機能もあります。多くの場合不必要に思われる検閲もありません。当事者間の支払いが即座に行えることも大きなプラスになっています。

Smart6

オリジナリティ証明(EMC DPO)

現在、世の中は有名ブランドの偽造品で溢れかえっています。でも、各商品がいつどこで製造されたか確認できる管理番号があったらどうなりますか。このコーヒーパックはこの工場で作られて、そのファーコートは個人注文でそのテーラーに作られたなどの情報がわかるようになるでしょう。

宝飾業界の場合、このダイヤモンド指輪があなただけのために世界で一つだけ作られたことを、ブロック
チェーンなら証明できます。そして、この記録を認定できるのはあなただけです。記録の所有者はモノの所有者であるということです。見分けがつかない偽装品が市場に現れても、偽造品の持ち主はそれが本物であると証明できる術はありません。

Smart7

所有権(EMC DPO)

ブロックチェーン技術は多目的で、カスタムメイド高級品から土地やその他不動産まで、いかなるモノの所有権証明に使われます。

例えば、不動産登記簿が作成されたら、各物件の記録は所有者に管理されるようになり、変更したりほかの人に渡したりできるのも所有者のみになります。これで、同じ物件を別々の人に同時に売ったり、所有者の事後登記したりするなどの不動産詐欺の問題を完全に解決できるようになります。ブロックチェーンにある記録は所有権の反論できない証拠なのです。

Smart8

スマートコントラクト(EMC Atom ほか)

ブロックチェーンでは、スマートコントラクトが作成できますが、スマートコントラクトとは何でしょうか。例えば、二人の当事者は、売買、一部売買、交換などの取引に合意しました。現在、契約の条件の誠実な実装を確認できるには多くの弁護士や公証人が必要ですが、それでも取引の整合性や透明性の保証は完全ではありません。

ブロックチェーンベースのスマートコントラクトは、契約の条件の実装を当事者と無関係にします。契約が成立したら、購入したかったものに対して必要だけの金額を支払うだけです。

さらに言うと、契約は簡単なものじゃなくてもいいです。当事者の数が多数だったり、時期や条件によっては取引に新しい当事者が参加したり離れたりすることも可能です。スマートコントラクトは不正使用から守られた完全なる法律プログラムであると言っても過言ではありません。

Smart9

無検閲DNS(EMC DNS)

近頃、特定の情報へのアクセスがインターネット・プロバイダー側で拒否されることが増えています。多くの場合、プロバイダーが上の指示に従ってブロックをかけているだけです。そしてそういったブロックが違法情報だけではなく、ある者から見たら望ましくない情報にもかけられる場合もあります。何らかの間違いでオンライン・リソースへのアクセスが拒否されることも最近増えています。

ブロックチェーンベースのDNSならオンライン・リソースのブロックや、様々なDDOS攻撃を回避できます。